目次

こんにちはミライです。

今年2020年ももう残すところ60日間程となり、殆どの方が今年の終わりを実感し始めたり、「わっ今年も早かったー!」と例年通りの体感をする頃なんじゃないかと思います。

そんな今年残り数カ月という頃にやってくる冬1番のイベントと言えばハロウィンですよね。

私が調べた所CLUBなんかでもガンガンハロウィンパーティーは行われるようで、まぁただやはりコロナのリスクが高いので参加者は例年よりはかなり減るんじゃないかと思います。

私も会社の立場上「お前がコロナかかったら示しつかないからな?」

と言われるので、そういった理由でいつも参加している人も行けなかったりするんじゃないでしょうか?

そんな10月31日ハロウィン、その町の中心部には様々なキャラクターの仮装をした人々、特に10代、20代の年代の人が多いイメージですね

まず一旦ハロウィンのそもそもの所をこの機会におさらいしたい、、

ハロウィンとは?

所説あるらしいのですが、ハロウィンは古代ケルト人というアジアの草原から馬車を持ってヨーロッパに渡来した民族が起源の祭りだそうで、

そもそもはケルト人はケルト暦という独自の暦を持っていて、そのケルト暦で言う1年の始まりの日が10月31日という事らしく

そもそもハロウィンはケルト人にとっての我々で言う年越しってイメージなんですかね?

ただ、本来は悪魔やサウィン(夏の収穫祝祭)を崇拝していて、生贄を捧げる適な宗教的な行事だったようですが、

私が思うに多分当時のケルト人の大人たちはそういった崇拝や生贄っていう要素が強かったのではないかと思いますが、やっぱり時代を経て形は変わっていくものなので、

当時の子供は、「お父さん・お母さんなにしてるんだろー?」「てか、このカボチャ顔見たい!」くらいにしか思ってなかったのではないのかなとも思います。

ハロウィンの世界観

とはいえ、私たち日本人はケルト人の年末年始を祝う為にハロウィンに参加しているわけではないですよね?

やはりその世界観にどこか魅了されているからだと思います。

代表的なのがオレンジ色のカボチャを悪魔が微笑んでいるかのような顔にくり抜いて作る『ジャック・オー・ランタン』

これってどうやって作ってるんですかね?中身をくり抜いてくり抜いてくり抜いて作るから、何日間かはカボチャ料理が続く事は間違いないと思いますが、

「えっナニコレ?タノシソウ!」

その世界観に真っ先に食いついたのがアメリカ。

この祭りを自国に輸入し、基本的に恐ろしいと言われる『幽霊』・『狼男』『魔女』・『吸血鬼』なんかが仮装のレギュラーとして定着しました。

それを見た日本人がここ数年盛大にハロウィンで仮装パーティーを行っているという感じですね。

日本ハロウィンのイメージ

そんな日本で行われるハロウィンのイメージって、皆さん良いイメージよりも少し悪いというかグレーなイメージを持つ方も多いんじゃないでしょうか?

よく言われるのが、ハロウィン当日の夜明けのあちこちに落ちているゴミの数々。

特に目につくのがお酒の缶。

これによって、『仮装して町を歩きお酒を飲み騒いで散らかす祭り』なんていう酷いイメージがついてしまいました。

2018年には、東京の渋谷で軽トラを横転させて逮捕されるという事件が起こり更にハロウィンのイメージを悪くさせてしまいました。

実際にハロウィンに参加する人の思考

じゃあ、実際にハロウィンに参加する人ってどのような思考で参加しているのか?って事を考えてみました。

私的にはいくつかのパターンがあるとおもっていて、

まずは『観光』です。

皆さんは観光名所に行った時ってどのような気持ちでその名所を訪れますか?

「あー!これが東京タワーなんだ!意外と小さいんだね!!」みたいに

その名所の情報をしっかり持って、そこに興味を持って実際に『確認』する。これが観光の思考ですよね?

これだけ様々な情報がある時代だからこそ、人は実際に行動してその場所で体感するわけで、それはハロウィンも同じなんじゃないかなと思います。

ハロウィンというある種の観光名所で一体どのような感じなのか?を体感しに行くという人は凄く多いのではないかと思います。

次に考えられるのは、とにかくイベント好きな人達。

やっぱり普段学校や仕事の毎日だと面白い事なんてそんなに起こらないじゃないですか?

だからこそ、普段味わえないを体感する為に、そういったイベントに敏感に反応して行動する人もかなり多いんだと思います。

普段味わえない体験って言えば音楽で言うLIVEもそうだと思います。

人間普段味わえない体験にはお金を出すし、感情が表に出てくる。それはアドレナリンから出る興奮・エクスタシーだと思いますが、

ハロウィンとLIVEとではちょっと違うものがあると思っていて、

多分それは『安全』なんじゃないかと思います。

LIVEだと(特に大きい会場)、大勢のスタッフさんがいるので、途中で具合が悪くなったとしても、ある程度安全は確保されますし、

パンパンのスタンディングで人でごった返すLIVEでも、確かに人に押されるし上から人は飛んでくるけど、好きなアーティストのワンマンLIVEだったら、同じファン同士という事でお客さん同士で助け合うなんて事もあるので、安全度は高いかと思います。

もちろん中には倒れてしまって踏まれて怪我をしたなんて人もいるので全くの安全とは言い切れるわけではありません。

ただLIVEの中でも音楽フェスなんかは少し安全度は低いかもしれないです

音楽フェスの場合は様々なアーティストを見に来る人がいるので、

やっぱりどこか「自分が押しているアーティストが1番」という思考で、ある種の敵視を少なからず持っている人が多いと思います。

ですが、根本には音楽が好きな物同士という想いがあるので、これもまたハロウィンとは違う部分だと思います。

少し話がそれましたが、ハロウィンにはLIVEや遊園地のように普段出来ない体験できるイベント要素は強いのですが、安全という所が乏しいですよね?

だってルールもありませんし、LIVEのように安全を確保してくれるスタッフさんもいないし、

同じような気持ちをみんなが共有している訳ではないので、

「自分はあの人より良い仮装だ!」とか「俺の方・私の方がカッコいい・可愛い」のようなある種の敵意みたいなものが少なからずあるのではないかと思います。

ただ、そのようなちょっとした危険な臭いみたいなものも、普段できない体験だったりするので、ハロウィンに参加する人は潜在的にそういったどこか危険な臭いという物も魅力の一つと感じて参加しているのではないでしょうか?

では最後に、当ブログは音楽・ファッションブログで、ただただハロウィンの紹介をしても面白くないので、個人的に今年仮装されるのではないか?と思う方達をご紹介したいと思います。

今年流行る仮装予想

【フワちゃん】

日本のお笑いタレント・YouTuberというハイブリットな人物。

今や多くのTV番組に出演していて、その名は私の祖母(79)も認知している程の知名度。

なによりその見た目のインパクトは凄く、今までに例えをみない。

その色使いや仮装のしやすさは群を抜いて仮装にむいていて、ただフワちゃんと言えばタンクトップに短パンという格好の為、寒さに耐久しなければならないと言うリスクはあるが、少なくとも間違いなく1人はフワちゃんの仮装は現れるのではないかと思われる。

【どうぶつの森】

任天堂から出ている人気のゲームどうぶつの森。

今年は社会現象になる程の人気を叩きだしたゲームで、その内容は動物たちが暮らす村・島にプレイヤーが入り込み、住人とコミュニケーションを取りながら村・島を発展させていくほのぼの生活ゲーム。

その人気から仮装される可能性が高いと思うが、どのように仮装するかは腕の見せ所である。

【鬼滅の刃】

今年の最もトレンドに入った事と言えば鬼滅の刃ですよね。

妹を鬼にされた兄炭治郎が妹を人間に戻す為に鬼を退治していく桃太郎のような物語。

これは確実と言っていい程仮装する人は現れるでしょう。

そして画像にもあるアーティスト『NAN WITH A MISSION』

自らがもはや仮装な存在なのに、更に上乗せして仮装するという所業はもはや頭が上がらない。

まとめ

ハロウィンに参加する人の思考をまとめると、

・観光

・普段味わえない体験が出来る

という事なんじゃないかと思います。

毎年ニュースで流れるハロウィンの様子は良いも悪いも世間に注目されて、特に東京・渋谷の様子なんかは「これって本当なの?」と思わざるおえない程の人の集団。

これは見に行きたくなる気持ちも分かります。

そして普段味わえない体験。

やっぱり人間は刺激を求める生き物だったりするとおもうんですよね

毎日同じ事の繰り返しでは面白くないから、やっぱりどこかに非日常を味わいたい。

そんな人にはハロウィンは良いイベントだと思うし、本当に何が起こるか分からないという所がまた魅了されますよね。

こういった日本型ハロウィンといった世界観は個人的には嫌いではなくって、

皆さんそれぞれ毎日働いてだとか、勉強してだとかやっている訳で、

私やあなたと同じように何か悩みを持っているのかもしれないし、

同じ人間なんでね、そこは私は否定的ではなくて存分にその日を楽しんで!!!!って思いますね。

ただ、やっぱり喧嘩とか犯罪の臭いはするので、それは絶対にやめた方がいいと思います。

楽しもうと思ってその日家を出て、帰ってきたら喧嘩して嫌な気持ちじゃ勿体ないと思うので!

楽しむなら最後まで楽しんで欲しいですね!

じゃあ私もこれで仮装して楽しみたいと思います!笑

end