※こちらのコーナーについて

こちらのコーナーはファン(僕ミライ)がテーマの曲を聴いて、どのような事を感じたか?

胸に思っている事をあえて言葉にするコーナーです。

音楽を聴いて感じる事は、人の性格が様々あるのと同じように

感じ方も様々だと思います

ただ、僕は人が同じ曲を聴いてその人はどのように感じているのかを知る事が好きです。

同じ曲でも、その人の人生によって響き方が違うかったり

「本当に細かなここのポイントが好きなんだよな~」

なんてピュアなキラキラした気持ちは見ていてたまに涙します。

なので、皆さんが好きな曲に対して胸にいろんな思いを抱いているように、僕の曲に対する胸の内をあえて言葉にして残します。

こんにちはミライです!

今回はシリーズ第四弾!!

Non Stop Rabbit通称『ノンラビ』

【全部いい】という楽曲をテーマにお話ししていきたいと思います!!

因みにノンラビって?

そんな方の為にノンラビの事を分かりやすくしっかりまとめた記事もあるので、是非ノンラビの事をもっと知りたいよって方はそちらの記事を先に見てみるともっとこの記事も楽しめるかと思います♪

いかんせんこの曲には個人的にお世話になっていて、かなり思い入れの深い曲なので、

絶対このシリーズでやりたい曲の一つでして、

この曲が生まれるストーリーもまた面白いんですよね!

きっと僕以外にもこの楽曲を聴いて、気持ちが楽になった方も多いと思いますし、

2020年にメジャーデビューを果たし、これから多くの人にその名が知られていく中で

この楽曲は外せないかなと思います!

“全部いい”はどんな楽曲?

【全部いい】

2020年3月2日リリースされた曲で、

作詞・作曲はメンバーのリーダーである

『田口達也』さん。

ノンラビの楽曲は全てメンバーのリーダーである、達也さんが作曲をしていて、

作詞も殆どは達也さんが行うんですが、ベースボーカルである晴人さんも作詞を担当する事があるみたいなんです。

そんなリーダーの達也さんが生み出した『全部いい』

この一曲には達也さんやメンバーの凄く深い思い入れがある楽曲で、

それもこの曲はなんと製作期間3日間でリリースされたという

常識では考えられないスピードでリリースされました。

それもこれもこの楽曲を作るきっかけとなったストーリーがあるんですね。

それがコロナによるLIVEの中止。

実はこの頃、ノンラビは

『LIVE TOUR2020 武道館を狙うたてがみの生えたウサギ』

というツアーの真っ最中。

2月の2日札幌から始まり、大阪、福岡、名古屋、新潟、仙台とコロナの勢いが増す中どうにか上記の公演はやり切り

残すは3月1日ツアーファイナルの東京豊洲PITでのLIVE。

しかしこの頃には、様々なイベントは軒並み中止となり、

感染拡大防止の為ノンラビもこの豊洲PITでのLIVEの中止を発表。

この頃他のアーティストやイベント会社もかなりの負担があったとは思うんですが、

その頃のノンラビは、メンバーで立ち上げた個人事務所の会社であった為、

他のアーティストとは比べ物にならない程の、あやうくバンド活動が出来なくなるのでは?

そういった所まで追い詰められたそうです。

その時のツイートがこちら。

このツイートを見るだけで、当時の状況が分かるかなと思います。

こういった発信をする事はかなり当時勇気と度胸がいる内容だとは思いますが、

リアルな現状を赤裸々に伝える事で、アーティストの存続の危機という物を僕個人も理解し、状況の残酷さを知りました。

ただ、こういった発信をするだけで終わるノンラビではありませんでした。

このツイートから数日たった2月29日。

『重大発表』と題した通知が1件。

その通知には、本来ツアーファイナルを行うはずだった3月1日に

YouTubeチャンネルから、ファンに向けた生放送を行うというお知らせでした。

これには当時僕もリアルタイムで追っていて、何が始まるのか?

予想もつかない中3月1日を迎えて始まった生放送。

その動画がこちら↓

その内容は、豊洲PITにスーツ姿で立つメンバー3人。

そして今回のLIVE中止の謝罪を言葉をかみしめながら語る達也さんの言葉

そして今回のLIVE中止を決めた瞬間に降りてきたメロディーと歌詞があるという発表。

そうこの中止を発表した日から3日間で作られた楽曲こそが今回のテーマである『全部いい』なんですよね

どんな自分でも愛して欲しい。という想いが込められたこの楽曲は、明るめの曲調で、様々な事を肯定していくという楽曲。

それはダメ、あれはダメではなく

それもイイ、あれもイイといろんな人が抱えている物を優しく受けいれてくれるそんな楽曲で、

ファンの中でも特にこの曲に救われたというツイートやコメントをよく目にしますし、

僕個人も2020年精神的に一番つらかった時期に、一番欲しかった言葉を言ってくれた曲がこの『全部いい』でした。

ではそんな気になる歌詞と、このシリーズの醍醐味である、僕が好きな歌詞をお伝えしたいと思います♪

好きな歌詞

作詞:作曲 田口 達也

もう何も考えなくていい

周りには従わなくていい

迷ってもいい 休んでもいい 笑えてりゃいい 

泣いていい 逃げていい転んで起きなくっていい

誰かの為に生きなくたっていいよ

辞めていい やらなくていい誰の指図も受けなくていい我慢をしなくていい 

ダサくていい 下手くそでいい馬鹿げてていい 腐ってていい

面白くないなら捨てればいい

1人でいい 孤独でもいい隅っこでいい 変わってていい人の目に視線を合わせなくっていい 

もう何も考えなくていい努力とか別にしなくていい壊してもいい 破ってもいい 隠してもいいよ

誰かの期待背負わなくていい別に途中で諦めていい戻ってもいい やり直せばいい知らんぷりでいいよ

認めりゃいい 空っぽでいい別に無理して生きなくていいだけど生きてた方が良い 

バカでいい アホでいい何にも出来なくっていい全部が全部分からなくたっていいよ

ドジでいい 不器用でいい効率的じゃなくていいあなたのペースでいい 

熱くていい 冷めててもいい本気でもいい 遊びでもいいやりたくもないなら逃げればいい

クソでもいい 生意気でいい尖ってていい 曲がってていい誰かの意見に合わせなくっていい 

もう何も考えなくていい我慢とか別にしなくていい燃やしてもいい 漏らしてもいい 飛ばしてもいいよ

周りの顔色は見なくていい別に場違いで浮いてていい変わってていい 笑わせときゃいい知らんぷりでいいよ

認めりゃいい 独特でいい別に無理して変えなくていい君は君のままでいい

 終わらせたっていい 続けなくてもいい信じれりゃいい 迷わなきゃいい後悔しなきゃいい

恥かいたっていい 後で取り返しゃいい嘲笑われても コケにされても全部全部いいんだよ

 もう何も考えなくていい明日とか別に来なくていい終わってもいい 終わらせてもいい辛いからもういいよ

君はその考え方でいい別に無理して変えなくていい少しでもいい ちょっとでいい届いたらいいな

 もう何も考えなくていい努力とか別にしなくていい壊してもいい 破ってもいい 隠してもいいよ

誰かの期待背負わなくていい別に途中で諦めていい戻ってもいい やり直せばいい知らんぷりでいいよ

認めりゃいい 空っぽでいい別に無理して生きなくていいだけど生きてた方が良い そしてまた会えたらいい

※引用https://lyricstranslate.com

もう何も考えなくていい

周りには従わなくていい

迷ってもいい 休んでもいい

笑えてりゃいい

曲のスタートはボーカルである晴人さんのこの歌詞から始まる。

一瞬で聴き入ってしまう最初のフレーズ『もう何も考えなくていい。』

こんな事を言ってくれた曲が過去聞いたことがなかった僕はその言葉に正直ビックリした事を覚えていて、

何も考えない事って悪いってイメージが沁みつき過ぎてしまっていた社会人4年目の僕はその言葉を聴いただけで凄く精神的に楽になったんですよね

そして周りに『従わなくていい』『迷ってもいい』『笑えてりゃいい』と当時僕が誰かに言って欲しかった言葉が次々と放たれていき、

この時点で僕はこの曲に飲み込まれていました。

きっと僕のように感じた人も多いんじゃないかなという気もします。

泣いていい 逃げていい

転んで起きなくなっていい

誰かの為に生きなくたっていいよ

男の子は昔から泣いちゃダメと教わった人は多いと思います。

僕もそう教わったので、泣く事は恥ずかしい事だと思っていましたが、

当時僕は4年勤めていた会社を今後の自分の人生を変える為に一歩を踏み出そうか悩んでいる時期でした。

そんな時にこの曲が言ってくれた『泣いてもいい』『逃げてもいい』の言葉には刺さりました。

当時泣いたら負けだと思っていた僕は片道1時間30分の車中でたまにこの曲を聴きながら色々と物思いにふけながら泣いていました。

そして当時会社を辞める事を「逃げているんでしょ?」そう思われるんじゃないかとそれが凄く嫌だなと思っている時に

優しく『逃げてもいい』と言ってくれたこの歌詞には、

「逃げる事はダメなんだ、、」と感じていた思っていた僕は確かに救われました。

そして、当時のほとんどの時間を会社に費やしていた僕は、何の為に生きているのか?そんな感情になっていて、人生が楽しくないな、、そう感じている時でした。

そんな時に言ってくれたこの言葉『誰かの為に生きなくたっていいよ』

この歌詞が僕の人生を変える為の一歩を踏み出す決意をした事の一つ。

とにかく今は自分の為に好きな事をしようと思わせてくれた歌詞です。

そのおかげで今こうやってブログで発信出来ている自分がいます!

努力とか別にしなくていい

壊してもいい 破ってもいい 隠してもいいよ

誰かの期待背負わなくていい

別に途中で諦めていい

戻ってもいい やり直せばいい

知らんぷりでいい

『努力とか別にしなくていい』。

この歌詞にもまた衝撃的でした。

基本的に誰しもが努力をしなさいという言葉を投げかけるのに反して

まさかのしなくていいという歌詞。

きっとこの歌詞には努力をし過ぎて壊れてしまう人を見てきた達也さんの優しさみたいな物を感じます。

努力も人はし過ぎるし、誰かの期待も背負いがちですよね?

僕も当時は勝手に会社で働く上で様々な人の期待を背負って生きていました。

きっと会社の人からしたら、

「お前何勝手に背負っているの?無理しすぎんな!」

そう思っているのに、僕が勝手に完璧にしなきゃと空回りしていました。

でもこの歌詞を聴いた時にハッとさせられましたね、、

何か肩の力がスッ抜ける感覚で、

そして次の自分の人生を変える為に一歩を踏み出したいけど、もしダメだったらどうしようか、、

そう心に思っていた僕は、別に途中で諦めていいんじゃない?

戻ってもいいし、やり直せばいいよ!

そう言ってくれたこの歌詞でさらに新たな一歩を踏み出す気持ちが楽になった感覚でした。

バカでいい アホでいい

何にも出来なくたっていい

全部が全部分からなくたっていいよ

この歌詞にも救われたんですよね、、

何も出来なくてもいいなんて普通言えないじゃないですか

まぁそりゃいろいろできた方が絶対良いですから

ただ当時の僕は新しい仕事を覚える段階で本当に何も出来なくって

悔しい気持ちだったんです。今考えると新しい仕事なわけで、最初から何も出来ないのは当然だと思うんですけど、

その時の僕は、変にいろんな期待を背負っていた分、

「新しい仕事であれ最初からめちゃくちゃ出来て、全部分かっている状態でないとダメなんだ!!」

そんな気持ちが強くあったんですよね

その気持ちをこの歌詞で全て肯定してくれていて特にこの曲の歌詞で救われたフレーズなんですよね。

終わらせたっていい 続けなくてもいい

信じれりゃいい 迷わなきゃいい

後悔しなきゃいい

恥かいたっていい 後で取り返しゃいい

嘲笑われても コケにされても

全部全部いいんだよ

僕が会社を辞めて、ここから生まれ変わろうと決意を1番硬くしてくれるのがこの歌詞。

きっと新しい事を始めたらいろいろ自分を失ってしまって自分自身を

信じれなくなったり、迷ったりする部分もあるし

恥もかくかもしれないし、嘲笑われたり、コケにされる事もあるかも知れないけど、

その全部を『それでもいいんだよ。』

優しく歌うこの曲は紛れもなく僕を救ってくれて、今尚モチベーションを高くしてくれる楽曲です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

爆誕 -BAKUTAN- (初回限定盤 CD+DVD) [ Non Stop Rabbit ]
価格:3140円(税込、送料無料) (2021/4/23時点)


まとめ

今回は以上となります!!

今回ご紹介したノンラビの『全部いい』

まさしくこれは僕の救いの一曲です。

歌詞を見て貰ったら分かるように、誰しもがどこかの歌詞に優しく肯定される部分があるんじゃないでしょうか?

そしてこの曲は自分自身を救ってくれるのみならず、

この曲を聴いてからは、人付き合いがより優しくいい距離感で出来ている気がします。

自分自身でさえこれだけ共感できる歌詞があるからこそ、

日本にいる沢山いる人の、そのひとりひとり何か抱えながら生きているんやないかなと感じていて、

だからこそ、その人がどうあったっていいと思えるし、そう思ったらより人と深くいい意味で軽く付き合えている気がします。

そんな今回の楽曲『全部いい』を今後も自分の糧に聴いて行きます!!

end