UVERworldは2000年に結成された日本の6人組ロックバンド

2005年にメジャーデビューを果たし、

2019年には東京ドームに45000人の男限定LIVEを開催したりと今も尚日本の音楽シーンで最前線戦い続ける彼ら。

そんな長い間表舞台に立っていたらデビュー当時と今とでは全く違う姿形になっているのは結構ある事ですよね?

俳優やタレントの方なんかもデビューと数年後ではその容姿は良い意味で全く別物になっているもの。

その変化の背景には様々な歴史があったりするし

心情の変化だったり

誰かとの出会いだったり

そんな因果で人のスタイルは徐々に変わっていくモノだと思います。

もう一つの例えで言えばアニメの第一期と第二期で容姿や髪色、服装が違うみたいな?(笑)

なので今回はUVERworldのメンバーである『TAKUYA∞』さんの様々なスタイルの変化を時系列に沿ってご紹介したいと思います!

TAKUYA∞のスタイル遍歴!

UVERworld Vo,TAKUYA∞ 1973年12月21日 2021年現在【41歳】

ボーカルというバンドのフロントに立つに相応しい器とルックスとカリスマ性を持つTAKUYA∞さん。

ここ3年程はあまり大きくスタイルは変わっていないが、かなりここ数年で髪色は落ち着いた様子。

現在のファッションに関しては、深く付き合いのあるアパレルの友人が作っている服を着ている事が多い。

そんなTAKUYA∞さんももちろん最初からこういったファッションや髪型をしていた訳ではない。

その歴史を辿ってどのようなスタイルを経てここにたどり着いたのか?

年代別に見て行きましょう!


2005年代

2005年のデビュー当時のTAKUYA∞さんはかなり今と髪型が違う事が分かりますよね!

前髪も襟足もかなり伸ばしていて、あまりセットせずナチュラルに流している感じで、金色のメッシュも入っていて

かなりヤンチャな印象がある髪型だと感じました。

服装も今とは違って、かなりダボっとしているパンツとシャツを着ていて、

ファッションジャンルで言えばストリート系ですかね?

TAKUYA∞さんと言えばスケボー好き。

そんなスケボー乗る方が好みそうなファッションというイメージですかね!

この頃の楽曲と言えば、『CHANCE!』『D-tecnoLife』

アルバムで言えば『Timeless』の時ですね!

2006年代

1stアルバムのTimelessの後2006年のTAKUYA∞さんはと言うと、

2005年の頃からすると少し髪の毛はスッキリして短くなっていて。

メッシュの感じもあまり変化はないので、2005年の時の髪型をシンプルに短くした感じになっていますね!

服装のスタイルもそんなにまだ変化は無く、カジュアルなダボっとした感じです。

髪型も服装も今とは程遠いですよね。笑

この頃のTAKUYA∞のスタイルと言えばあの有名な楽曲の『SHAMROCK』『君の好きなうた』ですね!

アルバムで言えば、『BUGRIGHT』の時ですね!

2007年代

これは後にも先にもこの時期だけ!!

あのTAKUYA∞さんの短髪時代!!

どのTAKUYA∞さんを見てもこの2007年のこの時期程髪型が短かった時期は無いんですよね!

かなり長くバンド活動している中でもかなりレアな髪型の時期だと思いますし、

ファンの方の声で

「あの頃の髪型が1番好き!」とか

「あの時期の髪型にして欲しい!」

って声をたまに見かけますが、

この頃の髪型にして欲しいってファンもかなり多いんじゃないですかね?笑

あまり季節感が無い曲が多いUVERworldですが、

シャカビーチという夏のテーマの曲だけに、かなりマッチしてますよね!

この頃の楽曲と言えば、『endscape』『シャカビーチ~Laka Laka La~』

2008年代

2007年の頃と比べてここら辺からかなり垢抜けた感じありませんか?

2007年で短くなっていた髪も伸びてきて、その後にここでデビュー当時にも入れていた金色メッシュが復活するんですよね!

服装もだいぶカジュアル系になっていてあまりダボっとしている服装は着用していないようです。

この頃の楽曲で言えば、『浮世CROSSING』『儚くも永久のカナシ』それとこの時期でやっぱり一番かっこいいと個人的に思うのは

この『Roots』のMVです!

この時期はアルバムで言えば、『PROGLUTION』『AwakEVE』ですね!

2009年代

ここからまたグッと垢抜けまして少し前のTAKUYA∞さんの印象的な髪型スタイルですね。

今までのメッシュではなく思いきり部分的に金色に染めるという独創的溢れる髪型に当時僕は衝撃を受けて真似をしました。笑

このサイド部分だけ染めるという髪型はここから何年か続くんですが、年代で言えば2009年からだったんですね!

この頃から服装もかなり変わってきている印象で。

いつかのインタビューでTAKUYA∞さんが、

「今までは売り出そうとしてくれる事務所と話をして自分たちの魅せ方、服装だったりを決めていたけど、いつからか自分達でしっかり着たいふくだったり魅せ方を決めていった。」

そう語っていたんです。

今までは服装も任せきりという訳ではないけどしっかり造り込んでいこうってなったと思われるタイミングは個人的に恐らくこの辺りではないかと思います!

明らかに今のUVERworldの形になる序章なんだなって感じます!

それに上記の画像のTAKUYA∞さんが着けている黒と白い球のネックレスもこの頃から着用頻度がかなり高くなります。

TAKUYA∞髪型フェチにはこの頃の髪型はたまんないんじゃないですかね?笑

この頃の楽曲と言えば、『GO-ON』『哀しみはきっと』ですね!

因みにアルバムで言えば、『AwakeEVE』『LAST』あたりですね!

2010年代

これもTAKUYA∞さんの髪型で後にも先にもないパーマスタイルですね!

かなり短い期間ではあったんですが、この2010年頃はTAKUYA∞さんはもはやトレードマークとなった、髪のサイドを金色に染めるというスタイルにパーマをかけていました!

特にこの2010年という年はUVERworldが初めての東京ドームでのLIVEを行った年でもあって、そのLIVEの時の髪型を求めている声はめちゃくちゃ目にします。

そしてこの時にも2009年代に付けていた黒と白の玉のついたネックレスを着用しているのは何か印象的。

この頃の楽曲と言えば『クオリア』『NO.1』ですね!

因みにアルバムで言えば、『LIFE 6 SENSE』ですね!

2011~2012年代

この辺りから今のTAKUYA∞さんの代名詞でもある

髪の毛のバランスをあえて崩す『アシメトリー』

サイドの髪の毛を羽の様にクルッとカールさせて後ろに流す様な独特の髪型『TAKUYA∞ウィング』の登場となります。

この段階の髪型は現在のTAKUYA∞さんの髪型の原型とも言える年代と言えます。

髪の毛の色も、前はサイドだけを部分的に染めていましたが、この辺りからは『TAKUYA∞ウィング』の部分も同じ色に染めるのがレギュラー化し、この髪型はここから長く続き、1番今のTAKUYA∞さんが出てきた分岐点だと思います。

更に服装も、かなり特徴的な服が多くなってきたのもこの頃。

特にこの頃TAKUYA∞さんがハマっていた服装がこちら↓

この辺りからこのつなぎを腰に巻いてLIVEをする姿が定番となっていて、中には上記の写真のように真っ赤なつなぎもあったりと

ファンの中でも同じようにつなぎを着てLIVEに参戦する人も未だに居るくらい定番化していたTAKUYA∞さんスタイルです!

この頃の楽曲と言えば、『KINJITO』『7thTrigerr』ですね!

アルバムで言えば、『LIFE 6 SENSE』『THE ONE』ですね!

2013年~2014年代

ここからは特別髪型が大きく変わるわけではなく、原型を留めたまま髪の伸び縮みでの変化があったりなんですが、

服装で言うと、2012年~2014年頃は、画像でも分かるように

LIVEでは右腕にバンドを付けている事が定番となっていました。

そしてこの頃はTAKUYA∞さんは様々なTシャツを着用していて、その服もかなりファンの中では中毒性が高いデザインが多かった為未だに人気の服装ではあると思います!

この頃の楽曲と言えば、『ナノ・セカンド』『七日目の決意』

アルバムで言えば、『0 CHOIR』ですね!

2015年~2018年代

この辺りからTAKUYA∞さんのオシャレ度が爆発的に上がります!

特にこの年代でめちゃくちゃ印象的だったのが『BURN OUT』というTAKUYA∞さんの友人がやっているアパレルブランドの服の着用を始めたのが2015年頃から。

その頃からTAKUYA∞さんはみんなが真似をしたくなるような様々な特徴的なスタイルでLIVEを行っていました!

当ブログでもTAKUYA∞さん着用ブランドをまとめた記事を特集したんですが、殆どがこの2015年~2018年の時期の着用アイテムだったりします。笑

そのくらいこの時期はかなりTAKUYA∞さんと言えば!!という時期と言えます。

この頃の楽曲と言えば沢山ありますが、一つ上げるとするなら

『一滴の影響』ですかね!

アルバムで言えば『TYCOON』ですね!

2019年~2021年代

ついに現在に戻ってきました!

当然ですけど完全に今のTAKUYA∞さんですね。笑

髪型も昔の様に部分的に染めるというのもここ数年はしていなくて、基本的に黒髪が主流となっていますし、

昔程『TAKUYA∞ウィング』も無くなってきてかなり落ち着いた大人の色気がメラメラと出してきているのがここ2,3年だと思います。笑

この頃の楽曲と言えばやっぱり本日リリースされたUVERworldの最新シングル『HOURGLASS』!!

そしてアルバムで言えば『UNSER』

この2005年~2021年まででどのように変わったのか?

最後はその画像で締めたいと思います!

まとめ

今回はこれで以上となります!

何か歴史の教科書でも読んだのかって程にこの記事を書きながら

その年代年代の思い出や髪型や服装の中毒性を目の当たりにしながら楽しく記事を書いていました。

2005年~2021年までの期間を見て頂きましたが、

もう垢抜け感凄いですよね?

本当に老化に逆らってドンドン若返るかのようなこの不思議な現象。

きっとTAKUYA∞さんのように、色んな人から憧れられ、愛される存在になるべく歩いてきたここまでの道のりにあった

様々な想いや出会い何かがこのように良い年齢の取り方というのをしていくのかなと思いました。

今回の記事が少しでもTAKUYA∞さん好きな方の服装だったり、髪型だったり何かの参考になったらいいなと思います!

end