こんにちはミライです!

今回は『UVERworld』×『アニメ』についてご紹介したいと思います!

ここ最近は社会現象を巻き起こす程のアニメが年に一作はありますよね?

最近で言えば『鬼滅の刃』だったり『呪術廻戦』

少し遡れば『君の名は。』『天気の子』

世界的に見ても日本のアニメは文化としても確立される程独自の世界を獲得している唯一無二の存在だと言う事は誰しもが認識しているんだと思います。

そこでその『アニメ』と共に大きく話題に上がるのがなんといっても

『主題歌』

共に話題になる程アニメと主題歌は密接な関係で、

その主題歌とアニメの親和性と言うか相性が高ければ高い程

より共に大きく見る人を影響していくものだと思います。

なので今回は、個人的に曲と相性が良いな思うアニメを3つその『あらすじ』と『見どころ』を合わせてご紹介したいと思います!

実はUVERworldはタイアップ2位?!

エキサイトミュージック引用

調べて見たらこのようなグラフがあったんですよね

このグラフは人気のアニメという少し曖昧なくくりではあるんですが

その中でロックバンドが主題歌を務めている比率はどのくらいなのかって事なんですが、

見て貰ったら分かるように、7,8割はアニメソング歌手・声優の方達なんですよね!

やはり本業なのでかなりの割合を占めている事が分かりますが、

その中でもロック系アーティストの比率は『14,8%』という結果だったそうです。

エキサイトミュージック引用

その内訳ではなんと今回のテーマでもある『UVERworld』は2位という結果なんだそう。

このグラフの基準で言うんであれば、単純に人気なアニメとタイアップ出来ているという事になりますよね!

きっとアニメのそもそもの面白さや人気とUVERworldが主題歌するなら見てみたいというファンをシェアしっかり出来ている結果がこのランキングなのかなとも思いますが、

正直今回のメインはこのランキングではなくて、

UVERworldが主題歌を務めたアニメは全て見てきたんですが、その中でも特にオススメしたいアニメをいくつかご紹介させてください!!

青の祓魔師

青の祓魔師(あおのエクソシスト)

ジャンプスクエアにて2009年5月から連載中の漫画

通称『青エク』

2011年からアニメ化放送されている。

・あらすじ

主人公は奥村燐(おくむらりん)という青年で、燐には双子の弟の雪男いて、神父である父・藤本獅郎(ふじもととしろう)に育てられる。

そんなある日に燐は『悪魔』の存在を知ることになり、自分が悪魔の王『サタン』が人間に生ませた息子である事実を知る。

サタンは獅郎に憑依し燐の前に姿を現しサタンの住む『虚無界(ゲヘナ)』へ燐を連れ去ろうとするが、

獅郎から渡された悪魔の力を封印していた剣を抜き、

サタンの力である青い炎を解き放つ。

だが、サタンに体を乗っ取られた獅郎は、サタンから燐を守るために戦い命を落とす。

そんな人間×悪魔という異端児となった燐は高校へ進学。

『正十字学園』で祓魔師となり様々な困難へと立ち向かっていく!

・みどころ

個人的にこの青エクはUVERworldのタイアップの中でも1番くらいに好きなんですよね!

現在アニメ時系列で言うと2011年にアニメ第一期が放送され、

その翌年の2012年に青の祓魔師劇場版が公開。

そして2017年青の祓魔師京都不浄王偏が放送という流れで現在(2021年3月)もジャンプスクエアにて連載中なんですが、

見どころをいくつか挙げるとするならば、

その1 主人公の異端児設定

まず『悪魔の王サタンの息子』というもうめちゃくちゃ味がする設定ですよね。

名前からしてめちゃくちゃ強そうじゃないですか?

その通りでめちゃくちゃ強くて、底なしのパワー秘めてる系なんですよね。笑

逆に底なしのパワー強すぎて自分の扱い難しいぐらいのレベルで、、笑

でもやっぱり主人公の燐がいる世界ではサタンはハリーポッターで言うヴォルデモートみたいなもんですから、

結構周りから冷たい目されるんですよね?

そんな仲間からの、目線をめちゃくちゃ感じながらも、そんな顔見せずに分け隔たりなく接し、

仲間がピンチだとしてそいつに嫌われてようが助けたいから助ける。

そんな主人公燐は見ているとかなり胸が熱くなれる瞬間が沢山あります!

他にも沢山の魅力的なキャラは多いですが、

やっぱりこの燐のどこか孤独感をもって、強く生きようとする姿は胸を打たれます。

その2 学園が舞台

青エクは基本的に学園が舞台なので、

エクソシストという少し難しいテーマですが、アニメの中で色々と授業で説明してくれるので、かなり設定が入りやすいし、

少しずつ仲間が増えたり、いろんな試練を共に乗り越えていく。

内容的には燐はずっと認められない存在的な立ち位置の為

結構話も重めなんですが、学園という舞台が一個乗っかるだけでいいバランスになっているんじゃないかなと思います!

後、個人的に町の感じがなんともオシャレというか良い雰囲気なのもみどころです!

特に劇場版の世界観は半端ないです。笑

・気になる主題歌は?

そんな気になる主題歌なんですけど、この青の祓魔師に関しては

なんと第一期、劇場版、第二期と全て主題歌にUVERworldの楽曲が起用されていて

・CORE PRIDE(第一期)

・REVERSI(劇場版)

・一滴の影響(第二期)

どの曲もUVERworldらしさ全開の胸が熱くなる系の曲で、

特に『CORE PRIDE』は青エクの中でも1番人気なイメージ。

その理由はきっと曲とアニメのシンクロ率が異常に高いからだと思っていて、

もうどうなったって良い

格好悪くたって良い

死にものぐるいで未来を変えてやる

全ての歌詞通しても主人公の燐とのシンクロ率は高いけど、

特にこのフレーズはこの曲の1番強いメッセージ性を感じる部分だと感じています!

アルスラーン戦記

アルスラーン戦記(せんき)

1986年8月~2017年12月というビックリする程長い間かけて制作されていた小説で、全16巻あるそうです。

2015年4月よりテレビアニメ放送開始!

その後2016年には第二期『アルスラーン戦記 風塵乱舞(ふうじんらんぶ)』が放送!

第三期は未定だが、「皆さんが盛り上がってくだされば、すぐ三期決まるかと思います!」とシリーズ構成を担当している上江州誠さんが語っているそう。

・あらすじ

侵略によって王都を奪われてしまったパルス王国。

そのパルス王国の王太子である主人公アルスラーンは若干14歳という若さ、そして何よりも心優しい性格の持ち主。

最強の武将ダリューンや知略家のナルサスなど多くの忠臣と共に成長しながら王都を奪還し王の座を即位するという物語。

・みどころ

正直こういった歴史もののアニメや映画はかなり敬遠してきたんですが、

UVERworldが主題歌を務めるからという理由で見始めたのがキッカケとなりめちゃくちゃハマったアニメねんですよね!

それまでは『コードギアス』とか『シュタインズ・ゲート』とか『ダンガンロンパ』とか

どっちかというとサスペンス・ミステリー系にハマっていた中でアルスラーン戦記見るのは少し抵抗あったけど、

見始めた第1話からグッと世界観にのめり込んだ感覚があったアニメです。

そんなアルスラーン戦記の見どころは、、

その1 物語のストーリー

こういった戦国物って、難しそうで何か御堅いイメージがあったんですけど、

そんな事を思う間もないくらいにのめり込んでしまうストーリー展開なんですよね!

正直登場人物も多いし、色んな国が出てくるから色々な事がごちゃごちゃになりそうなんですが、

そこは正直そんなに理解しようとしなくてもめちゃくちゃ楽しめます!

正直僕も追いついていない部分はあったと思うんですが、それよりもストーリー展開の店舗の良さや、裏切りや人間関係など僕の大好物のミステリー要素もあって伏線なんかも細かに張られていて

皆さん大好きどんでん返しが多々あるので飽きずに見る事が出来ます。

その2 登場人物

とにかく武将や知略家など出てくる人物が格好いいんですよね。

ダリューンと言うアルスラーンの1番の側近は

黒い甲冑と真紅の裏地の黒マントを身に纏う黒衣の騎士という最強のビジュアルで、敵国にも『人間相手ならまず負けない』と恐れられている場面は何とも言えない安心感と強さに心くすぐられます。

一方知略家のナルサスは、軍師として指揮をするキレ者。

見た目も王子様的な感じで美形で、アニメの戦闘シーンで数々の絶体絶命のような場面でも、その戦況を覆す一手を打つのはマジで快感です。

他にも様々な魅力的なキャラクターが多く登場するのは見どころですね!

・気になる主題歌は?

そんな気になる主題歌は

UVERworld27枚目のシングル『僕の言葉ではないこれは僕たちの言葉』

この曲を制作する時のコンセプトに「メッセージのこもった曲をつくる」というコンセプトがあったようで、

その思いがタイトルからヒシヒシ伝わるかのような曲名となっている。

この曲も先ほどご紹介した青エクと同様アニメとのシンクロ率は凄く高く。

アルスラーンという14歳の青年が国を王座を失い国を失って

それでも強い意志で自分の国を取り返そうと旗を上げて進んでいく

そして気づけば沢山の失いたくない仲間に支えられていて、

その仲間を守れるように更に強く成長しようと奮闘するアルスラーン。

いつも 失って 去って

耐えられないものなんて

この手には作らぬようにと 

生きてきた僕らの手に

You are friend

Baby Dream

気付けばもう心に 

愛し抜くべきものばかり

僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア

言わずと知れた大人気アニメ!現在は第4期まで放送されていて、第5期が2021年3月27日からスタートする!

2016年に第一期が放送されたから1年単位で新シーズンの放送がされていて、UVERworldとのタイアップは2018年の第三期での主題歌となっている。

・あらすじ

超常能力『個性』を持つ人間が当たり前の世界。

憧れのNo1ヒーロー・オールマイトと出会った『無個性』の少年・緑谷出久『通称デク』

その内に秘めるヒーロー気質を見出され、オールマイトから『個性』ワン・フォー・オールを受け継ぐ。

デクはヒーロー輩出の名門・雄英高校に入学し『個性』で社会や人々を助ける『ヒーロー』になる事を目指す!!

・見どころ

このアニメも正直敬遠してました。笑

何か絵のタッチとか、世間でのあまりにもの人気感とかで、、

でも正直今回紹介したアニメで1番涙しているのはこのアニメな気がします。

そんな僕の涙のキッカケにいつもなるこいつが見どころなんです!

その1 デク

とにかくこのデクの人柄は最高なんです。

無個性という理由でデクは自分の事を「なんにもない」という

かなりネガティブな性格へと誘って過ごしていました。

そんな中で、憧れの人と出会って、『個性』を受け継ぎ、

少し前まで「なんにもない」奴が何かになろうとしているその姿から

放たれる言葉からは自然と感情が移入していき涙を流す。

そんなポイントがいくつもあって、見ていて元気やモチベーションを沢山貰えるのがデクなんですよね!

その2 名言

これもほぼデクなんですが、名言が凄いんですよね。

何かハッとさせられる言葉だったり、

そこまで深く考えていたのかこいつ、、、

みたいな印象深く残る名言は沢山あって

これはその言葉だけ切り取ってもあまり分からないと思うんですが

その前後のストーリーを踏まえて聞くと圧倒的な威力を持つ言葉なんですよね、

なので紹介するのが難しいんですが、

有名な名言の中に

いつまでも”雑魚で出来損ないのデク”じゃないぞ…かっちゃん

僕は…”「頑張れっ!」”って感じのデクだ!!

・気になる主題歌は?

そんな気になる主題歌は、

UVERworld32枚目のシングル『ODO FUTURE』

この楽曲のタイトルはメンバーの克哉さんが決めたもので

意味は『数奇な未来』という意味合いがあるらしく、

まさに主人公のデクの『無個性』から『個性』が受け継がれるそんな数奇な未来というタイトルとアニメのマッチを感じれます!

歌詞もTAKUYA∞さんが、実際に僕のヒーローアカデミアを見てそのストーリーに当てはめながら書かれているらしく、

そんな所を気にしながら歌詞を追ってみたが、直接的な表現で僕のヒーローアカデミアとマッチする歌詞はないみたい。笑

ただ、デクの様にこの曲も自分自身に葛藤している様を表現をしている歌詞で直接的な表現と言うよりは、デクの心情に近い物を歌っている気がします。

またアニメのOPはアニメバージョンなのでまたいつもと違う感じの『ODO FUTURE』何で是非聞いてみて下さい!

まとめ

今回はこれで以上となります!

今回はアニメ界でのロックバンドの位置関係からの

僕自身がUVERworldがタイアップした中で、好きなアニメを3つ

『青の祓魔師』『アルスラーン戦記』『僕のヒーローアカデミア』をご紹介しました!

まぁ多分UVERworldファンの方なら結構見た事あるアニメばかりだと思うんですが、

でも意外と知らなかった!なんて人もいるかも知れないし

見ようとは思っていたけど、、、なんて人が少しでも興味持って見てくれて好きになってくれるなら尚良いよね?って記事でした!

もちろん『約束のネバーランド』『D.Gray-man』もめちゃくちゃ好きなんですけど、楽曲とシンクロ率高いな?ってアニメはこの3つだったんですよね。笑

噂によると、『ガンダム×クオリア』もめちゃくちゃ良いらしいんですが、まだ見た事なくて、、笑

でも本当にこういった好きなアーティストキッカケに見たアニメは凄く曲とアニメの内容だったりの親和性を楽しめるからめちゃくちゃ良いなと思います!

皆さんも是非気になるアニメあったら見てみて下さい!

end