世の中に沢山いるアーティスト。

2020年だけでも427組のアーティストがデビューしていて、それぞれ本当に様々な楽曲を制作して聞く人に元気や勇気だったり,

複雑な感情だったり、今の現状を肯定してくれる優しい曲だったり様々なメッセージが込められた曲があります。

その楽曲を直に聞くために行われるのがLIVE。

100人キャパのライブハウスから4万人規模のドームだったり様々な所でLIVEは行われています。

そこでめちゃくちゃ大事なのが『MC』

曲と曲の演奏で挟まれるアーティストのMCには、LIVEに来たファンを鼓舞して元気をくれたり、生きる力をくれたり、自分の人生を見つめ直させてくれたりと

曲と同じぐらい大きなパワーを持っているのがLIVEでのMCだと思います。

自分が好きなアーティストの言葉は、懐の深さだったり、その考え方だったり、何よりも今思っている本気の言葉が聞ける。

誰かが言っても響かない言葉をそのアーティストが言うと全然違う意味として心に響くもの。

今回はそんな感情を揺さぶられる熱い情熱的なロックバンド

UVERworldの情熱的且つ感動的なMCをご紹介したいと思います!!

因みにオススメは何かUVERworldの好きな曲を聴きながらこの記事を見ると更に感動的になると思いますので、是非お試し下さい!

そしてここからはマジで僕が刺激的だったり感動したMCをご紹介するので、

是非これを見て少しでもあなたのモチベーションが上がればなと思ってます!

心に刺さるMC① 大遅刻?

この日のライブが楽しみで何年か振りに24時間前に寝たけど朝5時くらいに起きた。

kjにおはようのメールして、リハが13時からだったから余裕あるなと思って二度寝したらまさかの遅刻。

起きた時はどうしていいか右往左往してしまった。

でもリハーサルはしなくてもいいんだ、

だって今日までの19年がリハみたいなもんだからよ!

この日はDragon Ashとの対バンの日。

まさかのリハーサルを二度寝で遅刻するという事態に、、笑

それでも結成からのココまでがリハーサルだからと言い切るめちゃくちゃポジティブな捉え方。

そして今までがリハーサルで今日が本番だとも捉えられるこの起点の聞く言い回しは、

普通の人が日常生活で言い放つと

「君何言ってんの?」

そんな顔をされるだろう。

ただ、このLIVEという空間でTAKUYA∞が言い放つと凄くカッコよく聞こえてしまうし、感動すら覚える。

そんな情熱的なMCですよね。

心に刺さるMC② 苦しい所からが大事

オイマジ最高だな オイ! 

マジ最高に苦しいよな オイ!

そうなんだよ、マジで笑けるくらい苦しいんだよオイ!

でもななんだってそうなんだよ 人生だってそうだろ?

苦しい時にそっから頑張って自分のピーク作っていくんだろ!

違うかオイ!

ライブもそうなんだよ

盛り上がればここまで誰でも楽しくいけんだよ

ここから先 もう一個上

最高の気分を味わおうと思ったら

情熱的な音楽を味わおうと思ったら

この苦しい時でも自分の情熱燃やせよオイ!

いいか?

一回も二回も関係ねえぞ

それぞれの それぞれのPRIDEをみせろよオイ!

ここに居るって事は音楽開きにきたんだろ

聴きにきたんだろうがよオイ!

やっと約束して出会えたんだ

俺は全身全霊でお前らに届ける

見せてやるよ俺たちのSIX PRIDE

CORE PRIDEだぁー!!

このMCは個人的には印象深いMCの1つで、

当時本当にUVERworldを知って聴き始めた位の時にこのMCを言い放つ動画をYouTubeで見て聴いた事を今でも覚えていて

その時はもう既に好きな方だったんですけど、曲は聴いていたけどLIVEは全然知らない時だったので

いくつかLIVE動画を見ていてこのMCを見た時はかなり衝撃的でした。

「何だろうこの心が熱くなるような感覚は、、、」

その時は言っている事はあまり頭に入ってこなかったんですが怒涛の熱量で畳みかけるTAKUYA∞さんの言葉に熱くなる感覚があって、

そこでUVERworldの正体を目の当たりにしました。

そこからは何度もこのMCを聴いて聴いて聴きまくって、

それまで対して熱くなるような感情は無かったのにも関わらず

こういった情熱的なMCがめちゃくちゃ刺さる様になってからは

自分の生き方だったり、毎日生活する上での自分の選択肢も大きく変わって行ったキッカケとなったMCです。

心に刺さるMC③ 遺書?

俺、遺書書いたんだ。

でもそこには、俺が死んでも皆UVERworldを続けてくれ。

ボーカルはこんな奴で、こんな歌歌って、後は好きにやってくれって!

だからこの中から選ばれるかも知れないから覚悟しとけよ!

まさかの遺書を書いたという告白をLIVE中に打ち明けるTAKUYA∞さん。

しかもその内容はUVERworldはボーカル変えて続けてくれという衝撃的な内容、、

この遺書を書く経緯も『本気で生きる為に遺書を書いた』という事らしく、

それくらいの覚悟を持って生きているというTAKUYA∞さんらしい表現なのかなと思いましたが、

実際に聞いたファンは絶妙な感情になったらしく

「遺書の話、ボーカルがTAKUYA∞じゃないUVERworldはもはやUVERworldとは全く別のモノになってしまう気がするから他のボーカル受け入れる気は全くないとか思ってるのって私だけなのか」

というツイートがあるくらいTAKUYA∞さんが居ないUVERworldをリアルに想像してしまって落ち込んでいる人も多かったそうな………

心に刺さるMC④ 人生そのものだわ

だって聞いた事あるもん

スポーツ選手居るでしょ?

野球でもそうだし、サッカーでもそうだし

なんかいろんなスポーツ選手いると思うんだけど

日本背負って戦っている人達いっぱいいるじゃん?

あの人達もやっぱり本番に合わせて身体をドンドンドンドン作っていくわけなんだけど

どうしてもやっぱり本番に1番良い状態で怪我1つなく1番良い状態であのピッチに立ったりマウンドに立ったりリングに立ててる人達って

これぽっちしかいないんだって。

やっぱりみんなどこか、本番でしか起きない様なピンチだったりとか

本気で練習するからこそ何か身体壊しちゃったりとか

でもそれでも俺達はスポーツ観戦とかして勇気を貰う訳じゃない?

それって凄いなって。

俺も負けらんないからさ!

日本を決して背負って居る訳じゃないけど

俺負けらんないから今日俺にとってすげぇ大事な日なんだわ

明日から10年目の一歩を踏み出す大切な日なんだわ

日本中からUVERworldを応援してくれているCREWが沢山集まってくれてる大切な日なんだわ

俺がLIVEするって言うから

北海道や仙台、福岡、東京からいろんな友達がここに集まってんだわ

絶対負けらんないからさ俺さ

いや~死んで生まれ変わったとしてももっかい会いたいと思っている仲間いるからさ

俺負けらんないんだわオイ!

俺今日何があっても一歩も引く事ないからね!

この日はUVERworld初の京セラドームでのLIVE

実はこのMCの前に前代未聞のトラブルが発生していた

それはLIVE中にTAKUYA∞さんが装着している音を聴くためのイヤモニが壊れて何も聞こえなくなっていて、数曲何も聞こえない孤独な状態で戦っていたという事をケロッと事の重大さを感じさせない程のポジティブに話し出す。

その後に語った思いが上記のMC。

未曽有の悲劇は本当に大事な時に起こるものだったりするし、

万全に見えている選手も実はそうではなかったりするがそれを感じさせない程のパフォーマンスでいつも感動を与えている。

そんなTAKUYA∞さんの意志の強さを感じるMCです。

心に刺さるMC⑤ 死ぬのは怖い?

あれはもう5,6年前の話だよ

5,6年前にUVERworldは学園祭ツアーを回って愛媛に行った。

愛媛で、学園祭ツアーの合間に俺と真太郎は温泉に行くんだよ

温泉に行って2人で服を脱いでんだ

すると脱衣所で隣でおじいさんが一緒に服を脱ぎだすの、俺と同じタイミングで。

いろいろ俺に話しかけてくるんだよそのおじいさんが

年齢を聞いたら76歳だった

とても元気そうに見えたけど、76歳には見えない元気そうなおじいちゃんだった。

俺にいろんな事を話しかけてくるんだよ、服脱いでる俺にさ

自分の孫の話とか、戦争の話とか

自分の家族の話、いろんな話聞かせてくれてさ

俺、そのおじいさんにどうしても聞きたくなって聞いちゃったんだよね

おじいちゃん、死ぬのって怖い事なの?

もし明日死ぬってなったら怖い?

って聞いたらさ76歳のおじいちゃんはこう言ったんだよ

「あ~まだまだ死にたくないね、、素敵な世界だから」

つったんだよ!俺それすげぇ嬉しくてさ!

俺も言ってたいんだよ

76歳になった時にまだまだ死にたくない、素敵な世界だからって言ってたいからさ!

俺もっと最高に笑いながら大切なもん大事にしながら生きて行こうと思うんだよ!

そっちのが幸せにきまってんじゃん

そうでしょみんなねぇ!?

嫌な事なんて沢山あるよ。

俺達もこんあ大きなフィールドで、大きな会社でやってたら嫌な事なんていっぱいある。

世の中ズルい奴いっぱいいるしさ

納得いかねぇ事いっぱいあるしさ

許せない事もいっぱいあるしさ

でも俺いちいち悲しまない事に決めたんだよ

俺が悲しむと大切な奴も悲しむし

76歳のおじいちゃんに6年前に出会って

いろんな話を聞いて。

この6年間で沢山の大切なモノと大切な人

俺見つけてきた。

そういう人達を悲しませない様にもっともっと楽しく前向いて生きて行こうって決めたのが

俺たちの7日目の決意。

このMCには今あるUVERworldの歌詞の元になっている言葉が沢山詰め込まれていて、

この76歳のおじいいさんからの言葉がよっぽどTAKUYA∞さんの胸に刺さったんでしょうね、

これを今見ているあなたはどうですか?

76歳になった時にそう思えるように行きたいと思いますか?

少なくとも僕はもっと年齢関係なくまだまだ死にたくなくて、こんな素敵な世界だと思っている様な人の話を沢山聞いて行きたいです。

「あなたが悲しむと悲しんでくれる。そんな人あなたにもいるでしょ?」

この日TAKUYA∞さんが言ったこの言葉が頭から離れない。。。


心に刺さるMC⑥ 有言実行

お前たちさUVERworldの何に惹かれてんだよ?

言葉か?

メロディーか?

様々ななんだろうけどさ

俺達に惹かれてるんだったらさ分かるだろ?

なぜ俺達が幸せなのかがさ分かるだろ?

1番大切なのは本当に出会いだと思う。

その出会いを逃さない様に、そっぽ向かない様にしっかりキャッチして大切な仲間ガンガン増やそうよ!

泣いてねぇよバカ!ぶっ殺すぞオイ!

ふざけんじゃねぇ!俺が泣くのはまだまだ先なんだよオイ!

こんな所で泣けるかよオイ!

俺が泣くのは東京ドームの男祭りって決めてんだよオーーイ!!!

ありがとう。

本当に凄い事だよありがとう。

心からの感謝を伝えたいよ

だってさっきも言ったみたいに、この4年間で250人だった男祭りがもう12000の横浜だったらさ

バーーンってSOLDするんだぜ?

神戸でやったってパンパンに360度入っちゃうんだぜ?

これはね俺達の力ではないんだよ

俺達だけの力ではないんだよ

きっとUVERworldの音楽に反応してくれて

カッケーと思ってくれた男共がさ

UVERworld知らねぇ奴に対してさ

「おい、UVERworld聴いてみろよ!マジでカッケーから一回LIVE見て見ろよ!」

って連れてきてくれた結果こうなってんだよ

お前らのおかげなんだよオイ!

俺まだまだ生きてぇからさ

お前らもさ誇りになれる様なカッケーバンドになってやるからさ

まだまだ知らねぇUVERworldバカにしてる奴らさガンガン引っ張り込んでこいよ!

最高にヤバい所見せてやるよ!

お前らの信じた兄弟が最高にカッコいい所証明してやるよオイ!

2015年9月に行われた神戸での男祭り、、

MCを見たら分かる様に、徐々に広がっている男祭りに熱くなるメンバー含めた男達。

初めに行ったビーフラットというLIVEハウスの250人から始まったこの男祭り。

そしてこの4年後の2019年12月20日に

「俺が泣くのは東京ドームの男祭りって決めてんだよオーーイ!!!」

この言葉を有言実行し、東京ドームを45000人の男で埋め尽くしチケットも完売。

そしてLIVEの終わりには男泣きをするTAKUYA∞。

ここまで長い時間をかけて有言実行を果たし、そしてそれを常に一緒に願った全crewを最高潮に熱くさせた伝説のLIVEとなったが、

今更に凄い景色を求めてUVERworldは活動を続けている

次に目標とするのはなんだろうか?

恐らく『ドームツアー』ではないだろうか、、

心に刺さるMC⑦ 生き方

毎日こんなふうにさ何かに向き合ってさ

カッコいい生き方してようぜ

俺達もまだまだやるよ

UVERworldずっと続けるよ

俺達の未来がどうだとか

音楽業界がどうだとかさ

まぁ他所は好きな事を言うよ

悲しい話ばっかりしやがるよ

でも関係ねぇよ

俺はミュージシャン本当に夢があると思う。

俺はミュージシャンは素晴らしい、ミュージシャンは楽しいよって

自分のやっている事に誇りを持ってそれを唱えてたいんだよ

別にミュージシャンじゃなくてもいいんだぜ?

もちろんなんだろそれぞれあるでしょ?夢が。

スポーツ選手なのか、俳優なのか、美容師なのか、ラーメン屋さんなのか、たこ焼き屋さんなのか

なんだか分かんないけど

それぞれなりたい物があるだろうよ

そのなりたいものをさ、しっかりと

正しく向き合って

正しく挫折して

正しく傷ついて

正しくプライドも傷つけられて

それでも大切な物は大切だと唱え続けて

自分のその見つけた物を誇りを持とうぜ

俺は、音楽、俺はこのUVERworld誇りに思ってる

だからずっと言ってたいんだよ、音楽は本当に最高だって。

この中でミュージシャン目指している奴もいるんだろ?

なりてーだろ?

俺達みたいに生きろよ、真っすぐ余計な事考えずにさ

そしたら俺、本当にデビューする前の15年前からずっと幸せだよ

ずっと幸せだったよ今日まで。

これからもきっとUVERworldがあればずっと幸せだよ!

まだまだUVERworldには希望がある。

それぞれの未来にもまだまだ希望がある。

しっかり唱えてさ大切な言葉はしっかり口に出して唱えてさ、自分にふるいをかけてさ

カッコいい生き様見せ合おうな!

俺お前らみたいな奴本当に好きだわ

分かるよだって!

本当に根が腐った奴はこんなふうに俺達の音楽は聞けねぇんだよ!

俺知ってるからさ!

俺達みたいなさこんな暑苦しい、本当にもう焦げちゃうような、本当に焦げくせぇわもう

こんな空間にいられるのはさ

それぞれが俺達と同じ様な想いで、真っすぐ大切に自分の人生輝かそうと毎日生きてるからなんだよ!

だからこんなメッセージが届くと俺は信じている。

だから俺はお前たち本当に大好きなんだよ!

何度も言うよ。

本当にここに何も境界線も無い

俺はcrewだろうがなんだろうが

本当の仲間になれるし

でも中途半端な奴はいらねぇよ?

しっかりやり切って自分の事をやり切って

何か成し遂げて俺と対等に

生きられる奴、俺ずっと待ってるからさ

お前らかっこよく生きてまた違う形で俺の前に現れてくれよな!

最高に自分の思うように生きて行こうぜなぁオォォーイ!!

俺達はたった一度だけ生まれて

たった一度だけ死んでいく。

だから絶対後悔しない様に自分の人生を大切に

それが俺達の決めている7日目の決意。

このMCにはUVERworldの魅力が全部詰まっている感じがします。

個人的にこの2015年のツアーは初めてUVERworldのLIVEに参戦した年で、

年末のマリンメッセ福岡のLIVEに行ったんですけど、その時もこんな感じのMCでした。

お前は何になりたいのか?

そう様々な職業を次々に挙げていくのが凄く印象的で、

当時就職をしようかしまいか考えていた時期で、この言葉がグサグサ刺さって自分は何になりたいのかずっと未だに考えています。

ふと自分の未来が不安になる時にはこの言葉が未だに頭をよぎる……

そんな中、我々と対等な目線で居続けてくれるTAKUYA∞さんしかりUVERworldのメンバーみんな、

大きなでっかい存在で、いっけん遠い存在なんだけど、凄く近い距離感に感じるというか、、

いつか自分がしっかり何かを成し遂げたらどっかでふと必然的に出会えてしまうんじゃないかと思えるmある種の不思議なパワーを感じます。

そして何より

「本当に根が腐った奴はこんなふうに俺達の音楽は聞けねぇんだよ!」

この言葉は本当に激アツで、UVERworld好きで聴いている人は本当に熱いし情に深いというか、

本当に自分ととことん向き合って生きているからこその

リアルな不安や、リアルな気持ちだったり本当に人間味が強い人多いと感じます。

本当にUVERworldの良さをどっぷり詰め込んだそんな大好きなMCです。


まとめ

今回は以上となります!

この記事を書きながらめちゃくちゃ熱い気持ちになりながら、

基本的に感情のまま書き殴り状態で書いたので、意味不明な部分も多いかも知れませんが、

きっと共感する方も一人くらいは居るんじゃないかと思います。

僕自身、まだまだ自分はこれからどう生きるべきか分からないし、

このブログのこの記事だって、本当に意味があるのかも分からないけど

でも少しずつ本当に徐々に徐々にですが、見てくれている人も本当に増えていて、

1か月目より2カ月目、そして今約4カ月目、最初の頃からは想像もつかないくらいの人数が毎日いろんな記事に目を通してくれていて、

少しだけこのブログで収益も出てきだしている事に本当に感謝です!

間違いないく自分の中で、自分の人生に今までほとんどなかった、

自分で0から作り出した『やりがい』というモノが育ってきています。

これからも色んなやりがいを稼げるように楽しんで行きたいと思います!

end