こんにちはミライです!

普段自分自身に降りかかる様々な疑問。

その疑問を人に質問をしますよね?

「〇〇さんって休みの日って何してるんですか?」

こうやって気になった事は誰でもその人に質問する事が出来て、

その人の事を知れるわけなんですが、

自分の好きなアーティストとなると話は別、

今の時代だから、SNS等で少し距離が近くなったから

昔よりは自分の質問も答えてくれるチャンスは増えたものの

とはいえ中々質問をする事もその答えを知ることも少ない、、

なので今回は、あなたの気になる事があるかはわかりませんが、

好きなアーティストのQ&Aは興味深いモノですよね?

そんな過去UVERworldのメンバーがあの伝説のラジオ番組

『core ability studioに再び集合!』で答えてきた様々な質問の答えや興味深いトークテーマをまとめましたので是非ご覧ください!

の前に、まず『core ability studioに再び集合!』について最初にお話しさせて下さい!

『core ability studioに再び集合!』とは?

2010年4月から2018年3月まで約8年間続いたUVERworldのメンバーが様々なコーナーに向き合うラジオ番組で、

30分番組で、『音楽の悩み』について回答したり

お題に沿った選曲』例えば雨の日に聴きたい曲は?というお題にメンバーがそれぞれ選曲するなど

様々なコーナーがここでしか聞けない様々な話が聴ける、今ではかなりレアな番組だとも言えます。

因みにcore ability studioってそもそも何?

って方も中にはいるかと思いますが、これはTAKUYA∞さんの自宅スタジオの事だったみたいです!

今もそう呼んでいるのかは不明ですが、前まではcore ability studioに集まって楽曲制作をしていたらしいです!

さて今回はそんな伝説的な番組でのメンバーの様々な質問への答えを沢山集めてまとめたので、是非暇つぶしに見て行って下さい!!

因みに下記のサイトの各放送回の感想をトークルームから見る事が出来ます↓

一目惚れは絶対しない?

「最近色々と悩んでいるんですが、ズバリ人は外見何割?中身何割が良いと思いますか?」というCREWからの質問。

TAKUYA∞「7:3で良いんじゃないですか?外見7内面3」

そう答えるTAKUYA∞さんに真太郎さんも正直初対面って外見ですもんと同意している感じで、

そこに彰さんも中身がしっかりしている人ってそんなに外見悪くないという持論を展開すると、

TAKUYAさんが人は一目惚れは絶対しないという記事を読んだと語る。

その記事によると人は外見だけでは一目惚れをする事はなく、実際には『声』が大事だと。

TAKUYA∞「確かに真太郎が、たくやく~ん(管高い声)やと一目惚れなさそうやもんな。笑」

真太郎「確かにそうですね。笑」

その結果出した答えは見た目6の中身3の声1で!笑

ここでまさかの外見と内面更に声が加わるという状態に。

でも確かにそう言われると、声ってめっちゃ大事な気がしますよね………

こんな感じでドンドン気になるQ&Aをまとめて行きたいと思いますので暇な人はお付き合いください!!

どうしたら痩せれるのか?

「毎年毎年、ダイエットダイエット言っているのに一向に痩せられない私について、活をいれて下さい!」というCREWからの質問。

メンバーのダイエット論とか実際めちゃくちゃ気になるテーマですよね?!

真太郎「こうやって言う人程、あの~そんなデブじゃないですよね?」

とまさかのデブ発言にちょっとヒヤヒヤ………笑

更に真太郎さんは、、

真太郎「太り切ってしまったらね、別に良いと思うんですよ!開き直っている人もいるから。」

と持論を語る。

ある種真太郎さんなりのダイエット出来ないというこのCREWさんにそのまま太り切ってもいいという優しさなんじゃないかと

真太郎「でもこう痩せた時の、痩せた時に何が待ち受けているかっていうのがこう、イメージできひんかったら、痩せれないでしょ?でもホンマに痩せた人って人生変わるじゃないですか?」

真太郎さんが言うには痩せた時の自分のメリットをしっかりイメージする事が大事だと語っていて、

例えばいきなりモテだしたりとか、身体が楽になったりとか、集中力が上がったりとそういったメリットのイメージが大事で、

信人「そやねん、一回波に乗ると、2,3キロ落ちてくると、結果出てきて周りにちょっと痩せた?とか言われるとおぉ!ってなんねん!」

真太郎さんの意見に信人さんなりのイメージしてダイエットを頑張って叶っていく間のモチベーションのフォローもなるほどと思わせてくれます!

信人「結果でるとすげー気持ちいいねん、その時になんかこう出るから!脳内の!」

真太郎「ドーパミンみたいなね?分かる分かる!」

と信人さんの独特な表現と真太郎さんの共感にきっとこの質問をしたCREWさんも何か変わったのではないでしょうか?

TAKUYA∞が初めて行った洋楽アーティストのLIVEとは?

「今度お母さんとお父さんと一緒にポールマッカートニーのLIVEに行く事になりました!ビートルズが好きな2人の娘でよかったな~と思いつつ、初めての洋楽のLIVEなのでドキドキです。皆さんは初めて行った、洋楽のLIVEとかって覚えてますか?」というCREWからの質問。

因みにこの時のポールマッカートニーの東京ドームで行われるLIVEには5万人キャパの会場に対して25万人の応募があったそうで、ビックリするくらい高倍率のチケットとなっていたらしく、

そのLIVEにはTAKUYA∞さんも行きたかったな~と語っています。

克哉「因みに初めて洋楽のLIVE覚えてる?」

TAKUYA∞「洋楽のパッと思い出すのはスリップノットしか思い出せへん」

克哉「僕もそうですね!スリップノットが初めて、TAKUYA∞と行った、、」

TAKUYA∞「他にもあったような気がする、、、リンキンパークもあったか!」

因みに彰さんは以前でたサマーソニックで共演したスリップノットやナインチネールズや他の洋楽アーティストのLIVEを舞台袖から見て体感し凄すぎて凹んだという。笑

彰さん曰く身体から滲み出てるパワーがちょっと格が違うなと感じたんだとか!

それに克哉さんも確かに!と納得していて、その会話には終始無言のTAKUYA∞さんはどこか悔しさもあったんじゃないかと………

上手くコミュニケーションをとる方法?

「うちのバンドのメンバーがシャイ過ぎて全く対バンさんに心を開いてくれません。結果自分が気を遣いまくる事になり、毎回へとへとです。皆さんどうやって対バンさんとコミュニケーションを取っていましたか?」というCREWからの質問。

TAKUYA∞「基本的にはうちも全く取らない!もう孤独で孤独で。笑」

その発言に一緒に居る克哉さん彰さんも同意していて、

いろんな打ち上げとかで、毎回毎回出没してどのバンドとも仲がいいみたいな感じには俺らはなれなくて、

本当にカッコいい!と思う人には近づきたいから、そういう人には自分から話しかけるスタイルだったそうで、

対バンにおいて仲良しこよしはそこには無かったときっぱり。

好きなバンドには声をかけるべきというアンサーに至った。

まぁそんなシャイで孤独にやって来たUVERworld。最後にTAKUYA∞さんが一言。

TAKUYA∞「それでもここまで来ましたよ!笑」

カッコよすぎます(泣)

なかなか聞けないLIVEの裏話?

「私は様々なLIVEに行くたびにメンバーさんの動き以上に、たまに登場しては光の速さでケーブルをさばいたり、マイクスタンドを立て直したりする人の事が気になってしまいます。あの人はそういう2時間程度の中で、1回か2回か来るであろうその機会の為にいる人なんでしょうか?本当に気になってその正体を教えて下さい。」というCREWからの質問。

確かに言われて見たら気になる事ではありますよね。笑

実際にLIVEの裏側でのスタッフさんの動きとかって中々知る機会がないものです。

そしてこの質問に対してメンバーはそんな事は無いですねと笑っていて、

TAKUYA∞さんが言うには、メンバー1人に1人スタッフさんが付いてくれているみたいで、

ギターのチューニングだったり、ギターの受け渡し。

マイクのスタンドが倒れた時に戻してくれたりとか、それぞれのLIVE中の細かい身の回りの事をやってくれるみたいで、

それだけをお仕事にやっている訳ではなくて、色々あるお仕事の中の1つなんだそうです!

他には楽器の弦の貼り替えや、機材の搬入をやったりお仕事は様々なんだそう。

すぐに歌が上手くなる方法?

「私は声が高くて、高い歌なら歌えるんですが、UVERworldの曲を歌おうとすると、低めの声が全然でません。出たとしてもすぐに出にくくなってしまいます。低めのUVERworldの歌がどうしても歌いたいです!TAKUYA∞さんのように音域を広くするにはどうしたらいいんですか?」というCREWからの質問。

TAKUYA∞「音域を広げるには、まぁ僕もよく声が高い、キーの高い所が出る方だと、男性の人に比べれば、でもそれで高い音を出すには低い音を練習する事が重要やと俺は思っていて。

でも彼女は高い音が出るけど、低い音が出えへん、、低い声を出すには~、、何か基本的には、やっぱ喉の力を抜くっていうのは絶対条件。

高い声も低い声も。こう普通のトーンって言うのは、そこそこ力入れてても出てくるわけやん声って、みんなも普通に出るやろ?どんなに力入れてても出るんやけど。

もうこういった喋り声も圧倒的に低い声を出そうとするときは、やっぱり力を抜くことを意識すると出るかな!

きっと力が入ってるのかもしれんな!!」

とかなり丁寧にCREWさんへの質問に答えていて、

基本的な喉のストレッチをする事も大事だと語っていました。

そういったストレッチをする事によって声が安定するんだそうです!

LIVEに両親が見に来るのは嫌?

「いや~恥ずかしいからやめろと言っているのに、何度言っても両親が、LIVEを見に来るのを辞めてくれません。これじゃどんなにカッコいい歌を歌ってもカッコつきません、、なんとかなりませんかね?」というCREWの質問。

克哉「両親見に来るの良いじゃないですかね?」

TAKUYA∞「いや~でもそれは今となったら分かるけど、例えばハックルベリーで俺らもさお客さんがホンマにパラパラみたいな時あったやん。笑

5人くらいの時あったやん!笑その内の5人の内2人両親やったら嫌じゃない?笑」

確かに想像したら結構きついですよね。笑

そしてこの質問のアンサーとしては、

きっと両親は、バンドのホームページで日程を見てLIVEに来ているだろうから、代わりにUVERworldのLIVEの日程にしてたらいいんじゃないか?

という答えに行きつきました。笑

TAKUYA∞の防寒対策はおにぎり?

「寒くなってきましたねー!でも去年よりはマシだとおもうんですよ!オススメの防寒対策とかありますか?」というこれは彰さんからの質問。

この質問にTAKUYA∞さんが持論を展開!

TAKUYA∞さんは寒いのも暑いのも強いらしく、全然寒がりでもなく全然暑がりでもないという。だからあまり防寒もしないらしい。

だがしかし何故だか分からないがお腹が減っていたら寒くなるらしく、

克哉さんもTAKUYA∞さんがごはんを食べた後の汗は半端ないという話に。

TAKUYA∞「だから寒かったらおにぎり食う。笑 上に一枚羽織るじゃなくてコンビニいっておにぎりを買う。笑」

克哉「裸の大将やん。笑」

TAKUYA∞「彰は?手袋はめてる?」

彰「はめてますよ!あっ、指先は出てますけど。笑」

TAKUYA∞「指先出てたらアカンっぽいよ。笑」

彰さんは乾燥が酷いらしく、ツアー中に指先がバリバリになっている事もあるらしいです!

そこにTAKUYA∞さんはギターリストなら指先守った方がいいんちゃうと心配なご様子。。

彰「気を付けたいと思いますm(__)m」

真太郎が教える苦情の対処法?

「いつも楽しく聞いています!私は市役所で働いています。仕事上市民からの苦情を受ける事も多いのですが、私は打たれ弱くちょっと言われた事を引きづって悩んでしまうのですが、そんな私の尊敬するUVERworldさんからアドバイスをお願いします。UVERworldの皆さんは人から言われた事を気にされたりしますか?」というCREWからの質問。

この質問を受けて真太郎さん克哉さんは『市役所はめちゃくちゃ、、大変ですよね~、、』と凄く共感していて、

克哉「まぁ人それぞれやけど、市役所でもなんなんあなたって人もいるやん?そういうのが何かイメージが、」

真太郎「悪くさせてるんですよね。まぁでも公務員とはいえね、やっぱチームですから!だからイメージ悪くする人もいれば、」

克哉「凄いいい人もいるからな!」

様は市役所の受付の人で態度が悪い人もいるし、めちゃくちゃ受け答えがいい人も居る訳で。

そこに来る態度が大きな住民に真太郎さんが出したアンサーは

真太郎「はぁつって、お前住所どこやって!」

克哉「笑笑 調べられますからね。笑 役職を利用して。笑」

真太郎「お前住所取り消したろかっつって。笑」

克哉「抹消。笑」

真太郎「勝手に奈良県ぐらいにしたろうかつって。笑」

というグイグイなアンサーとなりました。笑

あの、正直この記事の文字だけで読むと真太郎さんめちゃくちゃ口悪い人みたいになるんで是非上の動画の方でしっかりチェックしてください。笑

まとめ

という事で今回はこれで以上となります!

因みに今回の記事でご紹介したトークは全て下記の画像にある方のラジオの切り抜きトークを基にさせてもらいました!!

他にも気になるトークが沢山あるので気になる方はチェックしてみて下さい!

後、今回テーマにしたcore ability studioに再び集合では誠果さんの出演回のモノが無かったのでちょっと居ないのが寂しいと思った方もいるかも知れないので、ここで一応触れておきます!

因みに私ミライは誠果さんと同じ誕生日でめちゃくちゃ好きだという事も言わせて下さい!

今回この記事は成立するのか不安だったんですが、なんとか工夫して仕上がったので公開する事にしました!

個人的には凄く満足いく記事になったので是非公表だったら嬉しいです!

end